美容情報

現役美容師が教えるシャンプー・トリートメント方法!

更新日:



美容師直伝シャンプー&トリートメント方法\( Ö )/

目が粗いヘアブラシでブラッシングをして、髪のもつれやホコリを取ります。

シャワーヘッドを地肌につけて、お湯でしっかり予洗いをします。この時のお湯の温度は38〜40度程度。頭皮の皮脂は顔の約3倍ともいわれています。加えて髪が生えているため蒸れやすく雑菌も繁殖しやすいので、シャンプーはなるべく毎日行った方が良いです。

手でシャンプーを泡立てます。
洗顔剤のように、軽く手で泡立ててから伸ばしてください。頭皮への刺激を減らしてシャンプーのつけムラも防げます。シャンプーの量の目安はミディアムで1プッシュくらいを目安に。

頭皮を頭頂に寄せるように揉み洗いをします。毛穴に詰まった汚れを落とし血行を良くします。泡を頭皮につけてください。こすらないように注意です!!

頭皮をよく洗います。指で円を描いたりジグザグに動かしましょう。

毛先に泡を通すように指を滑らします。整髪料や洗い流さないトリートメントなどの髪の汚れを泡で落とします。髪の内側から指を通して毛先まで指を滑らせると髪同士が擦れにくいのでダメージが少なくなります。

シャンプーを洗い流します。シャンプーの洗い残しはトラブルの元です。頭皮にシャワーヘッドを当てて地肌から洗い流しましょう。

トリートメントは地肌につけないようにつけてください。髪の長さの2分の1程度毛先寄りにつけます。髪の流れに沿って伸ばし、なじませてからすすいでください。成分的に頭皮への配慮とは無縁なので、頭皮につけないように注意です!!

洗髪後、なるべくすぐにドライヤーで乾かしてください。濡れた髪はキューティクルが開くため髪はとても傷みやすい状態になってます。洗髪後は自然乾燥に任せず、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

*ドライヤーは15センチ程離してくださいね。ドライヤーの前に洗い流さないトリートメントをつければなお良しです\( Ö )/

ASE_062

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事

 

美容師が教える髪の毛の乾かし方♪

 

髪の乾燥フケと脂性フケの原因と対策 美容師のシャンプーの洗い方など


 

 

 
美容院・美容室・ヘアサロン・ネイル・まつげ・リラクゼーションサロンのご予約は

ホットペッパービューティー



美容院・理容院・エステ・ネイル・まつ毛・リラクのご予約は

楽天ビューティ

 

低温ドライヤー350

楽天720,200

キャピキシル336

つむじ育毛336

おすすめ記事

1

ヘアカラーのアレルギーについて   美容師歴15年以上ですが美容院でヘアカラーのアレルギーの方は増えています。 ...

2

ジアミンアレルギーについて ジアミンアレルギーとはヘアカラーに含まれてるパラフェにジアミン(ジアミン)という化学染料が原 ...

-美容情報
-,

Copyright© 名古屋の美容師のパーソナルブログ , 2017 All Rights Reserved.